デリケートゾーン におい 原因 病気 市販 石鹸

デリケートゾーンのにおいは女性にとって深刻な悩み

どんなに魅力的な女性であっても、デリケートゾーンのにおいで男性から引かれてしまうこともあり得ます。

 

デリケートゾーンに関する悩みは、女性なら年齢を問わず持っている「永遠の悩み」と言えるかも知れません。特にデリケートゾーンのにおいは、自分でも気になってしまうほど強烈であるケースもあります。

 

体臭の場合は、自分でも気づかないにおいであることも多いでしょう。しかしデリケートゾーンのにおいは特有の生臭いにおいであり、そのうえ排卵日前後などはおりものが増えることからさらににおいが強くなる傾向にあります。

 

そんなデリケートゾーンのにおいを気にして何度もごしごしと洗ってしまう方もいらっしゃるでしょうが、実はそれらの方法は逆効果になってしまうようです。つまり、良かれと思って対策をしても、それが逆にデリケートゾーンのにおいを強烈にする原因になってしまっているわけです。

 

ある程度のにおいは誰にでもあるものです。
人間ですし、女性の体は様々な身体的な機能を備えているため、仕方のないことと言えるでしょう。
しかし、「自分はほかの人に比べてにおいがきついのではないか…」、「電車やバスなどに乗ると周りににおいを気づかれるのではないか…」などと感じたことがある場合は、デリケートゾーンに何か対策をしなければならないでしょう。
実際、デリケートゾーンのにおいを他の人と比べる機会も無いですからなかなか気付きにくいのが現実ですが、他の人とは違う気がする…と感じる場合や、自分でもにおいが気になると感じる場合は、デリケートゾーンのにおいについて考えてみるべきかも知れません。

デリケートゾーンのにおいの原因や対策は?

 

デリケートゾーンが悪臭を放つ原因は何でしょうか。実はその原因は「雑菌」なのです。
雑菌は生きているため、繁殖をする際に糞や老廃物などが排出されます。この糞や老廃物などが、デリケートゾーンのにおいの原因と言われています。雑菌の種類によってにおいも変わるようで、例えば汗や尿、血など、何に雑菌が繁殖するかによっても種類が変わります。それによってにおいも様々に変化するようです。
女性の場合、これらの雑菌に加えておりものの分泌もあります。たんぱく質が豊富なおりものは、雑菌の餌食となりやすいため注意が必要です。
スポーツをして汗をかいた後におりものが分泌され、それをそのままにしておくと雑菌はどんどん繁殖してしまいます。その結果、細菌の糞や老廃物が強烈なにおいを放つようになり、デリケートゾーンから悪臭がするようになってしまうわけです。
また、デリケートゾーンに「アポクリン腺」という汗腺があることも、においの原因といえるでしょう。汗は、脂肪やアンモニアなどの雑菌にとって栄養価の高いものなのです。
その栄養価の高さに加え、デリケートゾーンの湿気や温度が常に高いことも、雑菌が繁殖しやすい環境になっている原因です。
デリケートゾーンが、湿気が多く温度が高いというのは女性のみならず男性も同じです。
これは人間の体の構造上のことであり、仕方のないことと言えるでしょう。
つまり、デリケートゾーンの温度や湿度を変えるのは難しいのが現実ですから、なるべく雑菌を繁殖させないという方法でデリケートゾーンのにおい対策をしていくのが良さそうです。

デリケートゾーンのにおいは病気の可能性あり?

デリケートゾーンのにおいがきついからと言って、必ずしも病気だと考える必要はありません。
しかしデリケートゾーンのにおいは、婦人科で診察を行う際に病気の一つの判断材料になり得るということは確かです。

 

おりものの量が突然増えたり、普段と色が変わったりする場合や、刺激的なにおいに変化した場合などは注意したほうが良いでしょう。なるべく早く婦人科などを受診することをおすすめします。他にも、普段と比べてにおいがきつくなった、なんだか臭う…と自分で感じられるような場合、性病(淋病、トリコモナス膣炎)や子宮内膜炎、細菌性膣炎や子宮頸がんなどの可能性もあります。健康管理という観点から見ても、デリケートゾーンのにおいは普段から気にしておいた方が良いかもしれません。また、病気の場合はおりものの色にも変化が現れる場合があります。おりものが黄色や緑色に色が変化することがありますので、においと併せて色もチェックしておく習慣をつけましょう。

 

ほかにも、おりものの変化について付け加えておきます。
おりものが液体ではなくどろどろとした個体のような形状に変わった場合は「カンジダ膣炎」の可能性があります。
よくある性病の一つですが、そのままにせずにきちんと治療をすることが望ましいでしょう。
ちなみに、カンジダ膣炎の原因となる菌は膣内にあるのですが、膣まで洗ってしまうと膣内に存在する善玉菌まで一緒に洗い流してしまうことになりますから注意しましょう。抗生物質などを服用した場合も、それと同じような状態を招くこともあります。その結果、洗浄によってきれいになったはずの膣内は、善玉菌を失った影響から菌を異常に繁殖させるという状態になってしまうのです。
膣内は「自浄作用」という機能を持っているため、石鹸などを使って無理に洗ってしまうと、逆に膣内のトラブルを招いてしまうことになりかねません。膣内は弱酸性に保たれており、善玉菌を含め様々な菌が絶妙のバランスで存在しています。そのバランスを崩さない為にも、生活リズムを整え、膣の周りを常に清潔に保つように心がけましょう。

デリケートゾーンのにおいの対策と解決策は?

 

それでは、デリケートゾーンのにおいの対策はどうしたら良いのでしょうか?
ここまで見てきた内容から考えると、デリケートゾーンのにおいの原因となる膣は洗うことが出来ないため、その周りをきれいに保つしか方法がありません。しかしそれでは、即効性が無いのではないかと思ってしまいますよね。

 

そのうえ、毎日ケアをしていても、ご自分のデリケートゾーンになかなか自信が持てない方もいらっしゃるでしょう。

 

そのような方に是非おすすめしたいのが、デリケートゾーンケア専用の保湿美容液ソープ「アンボーテ」です!

 

デリケートゾーン専用のソープなんて初めて聞いた、という方が多いのではないでしょうか。
それもそのはず!実はアンボーテは、日本初のデリケートゾーン専用ソープなのです。しかもオーガニック認証COSMOS基準をクリアしています。

 

アンボーテはまさに、日本人女性が待ち望んでいた商品と言っても過言ではないでしょう。

 

デリケートゾーンのにおいは、実は女性が考えている以上に男性にとっては重大なことのようです。
夜の営みが減ってしまった…という女性や、ご自分のデリケートゾーンに自身が持てないという女性は、是非デリケートゾーン専用ソープ「アンボーテ」を使ってみて下さい!

 

今なら通常価格5,980円のところ、なんと3,980円の33%OFFでお求め頂ける「トクトクコース」で購入することが可能です!トクトクコースは送料無料でご利用いただけるのも嬉しいポイントですよ!

 

露出が多くなる季節が到来する前に…アンボーテでデリケートゾーンのケアをして、自信を取り戻しましょう!