デリケートゾーン かゆみ 原因 おりもの

MENU

デリケートゾーンのかゆみの原因は?

デリケートゾーンのかゆみの原因は?

 

デリケートゾーンの悩みでにおいの次に多いのが『かゆみ』。
においも気になるし、かゆみも気になる…なんて方もいると思います。

 

デリケートゾーンのかゆみは日常生活から起こっている場合、病気の場合などがあります。

 

ここではデリケートゾーンがかゆくなる原因を紹介したいと思います。

 

原因@ 蒸れている

デリケートゾーンは他の部分と比べてかなり通気性が悪いため蒸れやすいです。
多くの人のデリケートゾーンのかゆみの原因は蒸れにあります。

 

ジーンズやタイトスカートなど密着している衣類はデリケートゾーンの空気の通り道がなくなり、更に座る動作などをすることで蒸れが発生していまいます。
特にストッキングやタイツは下着の上から履くので、余計蒸れやすさが増してしまい、汗をかいてかゆみを発生させるのです。

 

さらに生理中などはナプキンを着用しなければなりません。
ナプキンを付けている上に経血も出てくるので蒸れを発生させ、かゆみを感じやすくなります。

 

衣類が原因でかゆみが発生する方はスカートなどの通気性の良いものに変える、ナプキンが原因でかゆみが発生する方は経血があまり出ていなくてもこまめにナプキンを変えるなどをして、デリケートゾーンを清潔な状態に保ちましょう。

 

原因A 体調によるもの

いつもはかゆみを感じないけど、たまにデリケートゾーンがかゆい人は体調によるものが原因だったりします。

 

体調が優れないときや、ストレスが溜まっていると免疫力が低下し、肌が敏感になります。
肌が敏感になると下着や衣類などがデリケートゾーンと擦れた際に、かぶれが発生し、かゆみを感じてしまうということがあります。

 

特に生理前や生理中はホルモンバランスが変化し、体調を崩しやすい時期ですので注意が必要です。

 

これらが原因の場合はしっかり睡眠をとる、バランスの良い食事を摂る、リフレッシュするなどをして、免疫力を高めるようにしましょう。

 

原因B こすれや摩擦

締め付け感のある下着や、スキニーパンツなどピッタリとした衣類はこすれや摩擦を生じやすいです。
こすれや摩擦はデリケートゾーンにとって大きな刺激となり、刺激が積み重なるとかゆみが発生してしまうことがあります。

 

身体を洗う時のボディーソープやタオルなども同じです。
強くこすりすぎたり、身体に合わないボディーソープを使っているとデリケートゾーンに刺激を与え、かゆみを引き起こしてしまいます。

 

下着や衣類を変えてみる、身体を洗うときは優しく洗うなどをして改善してみましょう。

 

原因C 病気にかかっている

デリケートゾーンのかゆみが長い間ずっと続いているという人は、性病にかかっている場合があります。
かゆみが発生する病気は以下のようなものがあります。

 

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎は性行為によって感染してしまいます。
男性の尿道の中にいたトリコモナスが、女性の膣内に入って感染するケースがほとんどです。

 

トリコモナス膣炎は最初にかゆみを発生し、次第に痛みに変化していくので、おりものの状態が黄白色の泡状で悪臭などが目立つ人は注意が必要です。

 

性器カンジダ症

性器カンジダ症は性行為による感染や、体調を崩した時に発症することがあります。
膣内や外陰部にかゆみが発生し、ヨーグルト状のおりものが増加します。

 

毛じらみ症

毛じらみ症は名前の通り、ケジラミが陰毛にすみついて血を吸うのが原因です。
陰毛の周辺にかきむしりたいほどの激しいかゆみを生じます。

 

ヘルペス感染症

ヘルペス感染症は性行為などで感染した後、約一週間の潜伏期間を経て発症します。
かゆみを発症した後、次第に痛みに変わっていきます。

 

接触皮膚炎

接触皮膚炎は合成繊維のショーツや生理用ナプキン、おりものシート、コンドーム、尿、石鹸など女性性器に直接接するものによるかぶれが原因です。
おりものの量に変化はありませんが、激しいかゆみを感じます。

 

 

性病や日常生活でかかる病気が原因でかゆみを引き起こしている場合は、産婦人科などで医師の診察を受けることをオススメします。